自転車は引越し前に、民間の回収業者へ

自転車の回収 お引越しをする際は、荷物の整理と点検作業がとても重要になります。家庭内にどういった品物があるか、重量やスペースを消費する不用品はないか、そういった具体的な点検作業が求められます。
自転車は特に荷物になりやすい製品です。まだまだ動く製品であれば、リサイクル店に持ち込むのがベストでしょう。
ただし、ブレーキが錆びついてきている製品や長期間パンクしたまま放置し続けた製品などは、安全に運転出来ません。実用性がある乗り物であれば親戚の子どもたちにおさがり出来ますが、危険な状態の自転車をプレゼントするのは、よくない事です。
既に不用品となった実用性が低い自転車は、民間の回収業者に預けましょう。民間の回収業者なら、指定して予定日に訪問引取してくれます。古新聞やダンボールのように、わざわざ市民がゴミ捨て場まで運搬する必要がありません。民間業者には回収費用を支払う必要がありますが、お引越し前の準備がスピーディーに済みますし、スタッフが全て作業を進めてくれますので、依頼した市民は不用品を知らせるだけでOKです。労力や時間が全く掛かりませんし、自由なスケジュールで回収依頼が出せます。
引越し業者の見積りを受ける前に自転車を処分しておけば、その分の引越し代が節約出来るでしょう。

不要自転車は訪問回収サービスで処分しよう

自転車はマイカーとは違い、乗るのに体力が必要です。
現実問題として高齢者や病気を患った方々が毎日乗るには難しいものですので、昔購入した自転車を、健康や年齢を理由に処分なさる家庭が増えつつあります。無理して乗り続けても、それによって転倒や怪我をしてしまっては本末転倒です。
地方自治体によっては高齢者や体が弱い方向けのバスのパスや電車賃の優遇処置があります。市役所に相談すれば、自転車に代わる新しい移動手段が見つかる可能性大です。
不要になった自転車の処分方法ですが、不用品回収業者にお願いするのが、楽かもしれません。
出張費と処分代を支払う事で、訪問回収してくれますので、遠い遠いお店まで自転車をユーザーの手で運ぶ必要はありません。それこそタイヤが壊れてしまった物、ブレーキやサドルが酷く破損・劣化している物でも、訪問回収のサービスなら、倉庫などに放置したままでオーケーです。業者のスタッフが社用のトラックで駆けつけ、倉庫や庭に置かれた不用品を素早く回収してくれます。
最初に支払った費用以外に別途後からお金が請求される事はありません。
訪問してもらう日や時間帯は、当然ユーザーが自由に依頼出来ますので、不用品に詳しい家族が居る時間帯に限り、回収してもらえます。

おすすめの自転車関連リンク

放置自転車も対応可能な自転車処分会社のサイト

自転車 処分

『自転車 処分』 最新ツイート

@fqxnjth

【訳あり処分在庫】シマノ 105 ST-5800 ブラック 左右セット 2x11速 SHIMANO 自転車 シフトレバー【送料無料】 https://t.co/6Gj7ffEjMh https://t.co/QrwMCoQbTU

51分前 - 2016年08月27日


@Heaven_Sawan

オトモダチがどこぞの抽選で電動アシスト付きの自転車を当てて持って帰ってきたのはいいが、うちの駐輪スペースは2台分しかないので前に乗っていた自転車は処分してもらうことにした。引き取り手いるんかのう。

1時間前 - 2016年08月27日


@elbicycle

717【処分セール】電動自転車 ヤマハ PAS little more https://t.co/KSG6RQiTwW https://t.co/WfRVmXj7mE

3時間前 - 2016年08月27日